術支援

従来の製品
部品A部品B溶接加工にて
接合し製造を行っていた
  • 部品が2点あることでコストが増える
  • 溶接加工が必要なため工程が増える
  • 溶接を行うことにより強度検査(破壊検査)が必要
技術提案製品
部品Aプレス加工で絞り
一体型の製品を提案+絞り部分の板厚調整
  • 部品が1点になるためその分コスト減
  • プレス絞りの工程のみで溶接加工不要
  • もとの板厚から絞り部分を薄く調整(絞り加工で対応)
従来の製品
部品A部品B溶接加工にて
接合し製造を行っていた
  • 溶接を行うことにより強度検査(破壊検査)が必要
技術提案製品
部品A部品Bかしめ加工にて対応
  • 溶接レスで工数削減、検査も不要(不確定要素の排除)
従来の製品
部品A部品B部品Cが必要な
製品だった
技術提案製品
かしめ加工を用いて部品を削減
  • 3部品から2部品(+かしめ)に削減
  • 細付時の効率アップ
お問い合わせ
ご相談・お見積りはお気軽にご連絡ください。